株式会社 千成工務店

電話受付 9:00-17:00(年中無休で営業中!)

0120-114-919

CASE施工例

外壁にマーブル模様をつけた塗装仕上げ!納得のいく塗装に 堺市

その他施工外壁塗装屋根塗装防水工事
施工前 Before
施工後 After
価格 工期 2020年10月13日〜11月25日
地域 大阪府堺市北区 施工箇所 外壁塗装、屋根塗装、付帯物塗装、シーリング工事、バルコニーFRP防水
使用材料 外 壁 :下塗り ダイナミックプラサフ   (関西ペイント)
     上塗り ダイナミックトップ    (関西ペイント)
    ※外壁1階 はマーブルトーン工法採用

屋  根 :下塗り ヤネ強化プライマー     (関西ペイント)
      上塗り ダイナミックルーフ      (関西ペイント)

付 帯 物 :下塗り スーパーザウルスⅡ       (関西ペイント)
      上塗り セラMシリコンⅢ       (関西ペイント)

シーリング材: オートンイクシード       (オート化学)

バルコニー防水 :FRP防水用トップコート    (日本特殊塗料)
         タフシールトップ300     (日本特殊塗料)

担当者のコメント

意匠性の高いサイディング仕様のお住まいからお問い合わせをいただきました。

サイディングは、色あせ劣化が進行してクリア塗装が適さない状態。単色で塗りつぶしてしまうと、せっかくの意匠性サイディングの柄が消えてしまうため、多彩模様仕上げ(マーブルトーン工法)をご提案しました。

マーブルトーン工法とは、3層の色の組み合わせによる塗装で自然な奥行きのある表情を作る塗装方法です。
色決めの打ち合わせを重ね、外壁にサンプル塗装を繰り返し、後悔しないように外壁色を決定してから、工事着工という手順で進めさせていただきました。

 

塗装工事前見本マーブルトーン

↑ 色決めをするために、N様の外壁に色見本として試し塗りを行いました。

3層の色は、目地色、凸部分(ベース)の色、表面の柄つけ(マーブル塗装した部分)の色です。
マーブル塗装した部分の色は、目地色と凸部分の中間色をオリジナルで調色しました。それを使って塗料を少なすぎず多くなりすぎないように、まばらに塗装したことでグラデーションがつき奥行きが生まれます。

 

・下塗り塗装
・目地塗装(目地色ですべて塗りつぶし2回塗り)
・凸部塗装(目地に色が入らないように、短毛ローラーで凸部のみに塗装)
・マーブル塗装

合計5回塗りで仕上げ、重厚感のある美しいサイディングに生まれ変わりました。

 

現在、『株式会社 千成工務店』をご検討中の方へ

この度は弊社の塗装をご検討頂き、誠にありがとうございます。
お気軽にお電話・メールにてご相談をいただけましたら幸いです。