大分県の塗装店の一覧です。ヌリカエルでお近くの優良塗装店が見つけられます。

Coming soon !!



【大分県 x 外壁塗装】

大分県では、6月~7月中旬頃の梅雨時期、台風が多い7月、8月、9月を避けて塗装を希望する方が多いです。
塗料メーカーの条件をクリアしていれば、塗装工事の時期としては問題ありませんが、施工管理には十分な注意が必要です。
雨の日は塗装工事が出来ない為、工期が確実に伸びてしまいます。
空気が乾燥した秋時期(10月・11月)に繁忙期をむかえる塗装業者が多いです。

大分県の気候の特長

大分県の気候は、全体的に見ると比較的穏やかで自然の災害を受けることが少ない地域と言うことができます。
大分県は大きく4つのエリアに分けることができます。
【北部:中津市・宇佐市・豊後高田市など】
北部の気候は準日本海型気候になり、夏は晴れの日が多く降水量が少ないのが特徴です。
冬の時期は、季節風の影響で曇りがちの天気が続き、雨や雪が降る日が多いのが特徴的で気温も低くなります。
【南部:津久見市・佐伯市・豊後大野市など】
南部の気候は南海型気候になり、台風の影響を受けやすく夏の時期は大雨が降ることがあります。また、夏の時期はフェーン現象(山肌にあたった後に温かく乾燥した下降気流となった風の影響で周囲の気温が上がる現象のこと)により気温が高くなります。
冬は、晴天がつづき沿岸部は温暖な気温になります。
【中部:大分市・別府市・由布市・杵築市・臼杵市など】
中部の気候は内海型気候になり、一年間を通して雨が降ることが少なく晴天が続くのが特徴的です。
しかし、中部でもフェーン現象があり気温が高くなることがあります。
【西部:日田市・竹田市など】
西部の気候は山地型気候と内陸型気候になり、一年を通して雨の量が多いのが特徴です。
夏は夕立が降り、冬は曇りや雨などのすっきりとしない天気が続き雪が積もることもあります。
冬は、寒さが厳しく天気が変わりやすいのが特徴的です。

[引用]
https://latte.la/travel/place/oita/weather

地元業者の場合、こういった気候の特長も把握しており、ベストな塗装時期をご提案してくれることが多いため、地域密着でサービスを展開している塗装業者がオススメです。