新潟県の塗装店の一覧です。ヌリカエルでお近くの優良塗装店が見つけられます。

Coming soon !!



【新潟県 x 外壁塗装】

新潟県では、6月~7月中旬頃の梅雨時期を避けて塗装を希望する方が多いです。
塗料メーカーの条件をクリアしていれば、塗装工事の時期としては問題ありませんが、施工管理には十分な注意が必要です。
雨の日は塗装工事が出来ない為、工期が確実に伸びてしまいます。
新潟県では、12月~1月くらいまでは積雪により塗装が出来ない場合があります。
空気が乾燥した秋時期(10月・11月)に繁忙期をむかえる塗装業者が多いです。
その為、この時期に塗装をしたい方は、早めに業者を探し始め8月中には契約することをオススメします。

新潟県の気候の特長

県内全域日本海側気候で豪雪地帯(一部特別豪雪地帯)であり、山間部は世界有数の豪雪地帯となっている。
特に津南町や十日町市、妙高市周辺で積雪が多い。
しかし日本海の暖流(対馬海流)の影響で緯度の割には冬の気温が高く、日照時間が少ないために放射冷却が起こりにくく、朝晩はあまり冷え込まない。
そのため降る雪は水分が多く、重たい性質である。
一方、新潟市などの沿岸部の積雪はそれほどでもなく、特に近年は温暖化の影響で積雪量が減少している。
夏はフェーン現象の影響で、気温が上がりやすく湿度も高くて蒸し暑い。
特に糸魚川市は、日本国内の最低気温の最高記録である30.8°Cを観測しており、熱帯夜が非常に多い場所として知られている。
海洋性気候である佐渡島は、冬は暖かく、雪よりも雨の日が多いほどである。

[引用]
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%96%B0%E6%BD%9F%E7%9C%8C#%E6%B0%97%E5%80%99

地元業者の場合、こういった気候の特長も把握しており、ベストな塗装時期をご提案してくれることが多いため、地域密着でサービスを展開している塗装業者がオススメです。