栃木県の塗装店の一覧です。ヌリカエルでお近くの優良塗装店が見つけられます。



【栃木県 x 外壁塗装】

栃木県では、6月~7月中旬頃の梅雨時期を避けて塗装を希望する方が多いです。
塗料メーカーの条件をクリアしていれば、塗装工事の時期としては問題ありませんが、施工管理には十分な注意が必要です。
雨の日は塗装工事が出来ない為、工期が確実に伸びてしまいます。
春時期(3月・4月・5月)と秋時期(10月・11月)に工事が集中する繁忙時期の塗装業者が多いです。
人気業者になると、この時期の施工は早くから予約で埋まることも多いので、早めの業者選びが重要です。

栃木県の気候の特長

栃木県の気候は太平洋岸気候区ですが、北部から北西部の山地は日本海岸気候区の特徴も有しています。
年間の平均気温は平地で12℃~14℃と温暖ですが、標高の高い北部山地では7℃~9℃と低くなります。また、冬は放射冷却により朝の最低気温が下がり、12月、1月の平地での最高気温と最低気温の差は10℃~14℃と大きくなります。
降水量は北部山地で多くなり、6月から7月の梅雨期より、台風や雷雨の影響を受ける8月から9月の方が多くなります。
夏は激しい雷雨が多いことが特徴です。冬は男体おろし、那須おろし、赤城おろしなどと呼ばれる北西からの強い季節風が吹き、平地では乾燥した冬晴れの日が多くなります。

[引用]
http://www.pref.tochigi.lg.jp/c05/kensei/aramashi/sugata/kishou.html

地元業者の場合、こういった気候の特長も把握しており、ベストな塗装時期をご提案してくれることが多いため、地域密着でサービスを展開している塗装業者がオススメです。