長崎県の塗装店の一覧です。ヌリカエルでお近くの優良塗装店が見つけられます。



【長崎県 x 外壁塗装】

長崎県では、6月~7月中旬頃の梅雨時期、台風が多い7月、8月、9月を避けて塗装を希望する方が多いです。
塗料メーカーの条件をクリアしていれば、塗装工事の時期としては問題ありませんが、施工管理には十分な注意が必要です。
雨の日は塗装工事が出来ない為、工期が確実に伸びてしまいます。
空気が乾燥した秋時期(10月・11月)に繁忙期をむかえる塗装業者が多いです。

長崎県の気候の特長

九州の西端に位置する長崎は、西は東シナ海、北は対馬海峡に面しています。東シナ海から暖流の対馬海流が流れ込んでくるため、気候は温暖で寒暖差が小さいのが特徴です。
梅雨期(6~7月)は大雨の降る日が多く、県全体の降水量の30%以上を記録します。過去にも長崎豪雨等の大災害が発生していますので、この時期に長崎への旅行を計画している方は、必ず雨具を持ち歩くようにしましょう。梅雨期を含め夏は温暖多湿ですので、熱中症予防として水分補給&日差し対策をしっかりとしてください。
冬季は北西からの季節風が吹き荒れると、沿岸部・内陸部ともに厳しい寒さを感じます。また、晩冬から春先にかけて急激な気圧変化に伴い“アビキ”という現象が起きることがあります。

[引用]
https://latte.la/travel/place/nagasaki/weather

地元業者の場合、こういった気候の特長も把握しており、ベストな塗装時期をご提案してくれることが多いため、地域密着でサービスを展開している塗装業者がオススメです。