鹿児島県の塗装店の一覧です。ヌリカエルでお近くの優良塗装店が見つけられます。



【鹿児島県 x 外壁塗装】

鹿児島県では、6月~7月中旬頃の梅雨時期、台風が多い7月、8月、9月を避けて塗装を希望する方が多いです。
塗料メーカーの条件をクリアしていれば、塗装工事の時期としては問題ありませんが、施工管理には十分な注意が必要です。
雨の日は塗装工事が出来ない為、工期が確実に伸びてしまいます。
空気が乾燥した秋時期(10月・11月)に繁忙期をむかえる塗装業者が多いです。

鹿児島県の気候の特長

鹿児島県は本土から薩南諸島最南部の与論島まで、南北の距離が600kmと広範囲におよんでいるため、地域によって多少気候が異なってきます。基本的には鹿児島本土が温帯、薩南諸島などの離島地域は亜熱帯の影響を受けています。東京に比べえると冬は温暖で夏は高温多湿です。
鹿児島は夏から秋にかけて台風の影響を受けやすく、台風の上陸数は過去20年間で全国で一番となっています。

[引用]
https://latte.la/travel/place/kagoshima/weather

地元業者の場合、こういった気候の特長も把握しており、ベストな塗装時期をご提案してくれることが多いため、地域密着でサービスを展開している塗装業者がオススメです。